オンラインカジノ入門

オンラインカジノにかかる税金はいくら?確定申告は必要なの?

オンラインカジノでプレイを楽しんだら出金が基本ですよね。

そして、中には多額の出金になるという方もいるのではないでしょうか。

しかし、気を付けなくてはならないのは、オンラインカジノで儲けたお金というのは税金がかかってきます。

カジノビギナー
カジノビギナー
え~。リスクを負って勝ったのに税金を取られるの?
カジノ案内人
カジノ案内人
納得がいかない気持ちはよーく分かります!

しかし、脱税になってしまうから注意が必要です。

オンラインカジノで遊んだときにかかる税金

オンラインカジノで遊んで利益が出た場合、その利益に税金はかかるのでしょうか?

ギャンブルで得られたお金だし、税金はかからないんじゃないの?

と思っている方が多いと思います。

しかし意外に思われるかもしれませんが、オンラインカジノで利益が出た場合にも税金がかかります!

ギャンブルで得られたお金は、法律的にいうと「一時所得」としてみなされますので、課税対象となるのです。

本来であれば同じギャンブルであるパチンコや競馬で儲かったお金も課税対象です。

しかし、勝金を現金で受け取るためお金の流れを管理できず、大目に見られているのが現状です。

一方で、オンラインカジノによる勝金は銀行振込や小切手などで受け取る方法が採られており、記録に残ってしまうため、税務署がお金の流れを把握できます

そのため、納税しなければ追求されてしまうのです。

確定申告は必要なの?

カジノビギナー
カジノビギナー
確定申告って難しくてよくわかんない…

カジノ案内人
カジノ案内人
私も最初はさっぱりでした。

しかし覚えておかないと脱税で捕まることもあるので、逃げてはいけません!

一度覚えてしまえば翌年からはずいぶん楽になりますよ。

オンラインカジノで気になる人も多いのが確定申告です。

実際にオンラインカジノを利用している人の中には、趣味で遊んでいるだけだから税金の申告なんて必要ないと考えている人も少なくありません。

しかしこれは大きな間違いで、たとえプライベートの趣味であっても一時所得としてみなされるので確定申告を行わなければいけません。

ただし、日本では一時所得に対して50万円以内であれば特別控除が認められると法律で定められています。

つまり、オンラインカジノで年間に儲けた総額が50万円以内であれば申告をしなくて済むということです。

さらに会社員の人であれば、「20万円以上儲けがあった時には確定申告が必要」というルールがあります。

そのため、先ほどの50万円と20万円を足して、合計70万円を超えなければ確定申告をする必要はないというわけです。

このことから、収支の計算をしながら上手に金額を調整することで面倒な確定申告の手間を減らすことができます。

万が一申告が必要な場合は、自身で書類を用意して記載をした後、確定申告しなくてはいけません。

カジノビギナー
カジノビギナー
税金を払わなくちゃいけないくらい勝ちたい!
カジノ案内人
カジノ案内人
最初のうちは税金のことは深く考えなくてもいいことではありますね。

まずは純粋にカジノを楽しむのがおすすめです!

確定申告の期間

確定申告の期間は毎年2月16日から3月15日の1ヶ月間です。

前年の所得がどれだけあったかなどを計算し、この期間中に申告することになります。

インターネットで調べてみれば詳しく説明してくれているサイトも多数ありますし、よく分からなければ税務署に行けば詳しく教えてくれます。

とはいえ、70万円以上からなければそもそも確定申告の必要はないわけです。

そのため、ある意味確定申告できる人というのは、大勝ちできた恵まれた人というわけです。

カジノ案内人
カジノ案内人
ガンガン勝って納税できるほど稼ぐのを目指しましょう!
カジノビギナー
カジノビギナー
高額納税者を目指すわ!

確定申告で必要な書類

確定申告のときに必要な書類は以下のとおりです。

  • 源泉徴収票
  • 経費の領収書
  • 支払調書

源泉徴収票

正社員やアルバイトなどの場合、12月頃に会社から受け取ることになります。

もらえない場合は、会社に出してもらうようお願いしましょう。

経費の領収書

経費の領収書は、オンラインカジノをするにあたって支払った経費が分かる領収書です。

この定義はあいまいで難しいのですが、経費として認められれば、それだけ支払う税金を安くすることができます。

最終的には税務当局が判断することになりますので、ひとまず関連しそうな支払いの領収書はとっておきましょう。

カジノ案内人
カジノ案内人
ひとまずは経費として計上しておけば、支払う税金を抑えることができますよ。

支払調書

年末年始頃に、オンラインカジノ側から受け取りましょう。

基本的には自動的に送付してくれないため、サポートに連絡しましょう。詳しくは以下で解説します。

支払調書の取得方法

確定申告では、通常なら報酬を支払った側が発行する支払調書も提出しなくてはいけませんが、オンラインカジノでは自動的には発行してもらえません。

しかし支払調書が必要になった場合、サポートに連絡をすればたいていの場合出してくれます。

すると、郵送にて支払調書を送付してくれるはずです。

確定申告をしなくてもバレないと考えるかもしれませんが、入出金の際に銀行を通している以上、必ず税務署にはバレる証拠が残ります。

ときどき「確定申告していないけど何も言われていない」という方がいますが、もしバレたら追徴課税や重加算税が取られてしまいます。

この場合、素直に納税していた場合に比べて多くの税金を取られてしまいます。

つまり、素直に支払っておいた方がリスキーではないですし、納税は義務なので税金逃れはしないようにしましょう。

各種オンラインカジノでは確定申告の仕方を解説してくれている訳ではないので、自分で調べなくてはなりません。

税金がばれない方法はあるの?

パチンコや競馬などをやっている人は賞金を確定申告するという人はあまりいないと思います。

そのため、ギャンブルで得たお金は確定申告しなくても大丈夫と思われているのであればそれは大変危険です。

オンラインカジノから出金をしても税金の申告をしなくてもばれないと思われている方が多いのです。

しかし残念ながら、オンラインカジノの税金がバレない方法というのはありません。

なぜなら、オンラインカジノは直接お金のやり取りをするわけではないからです。

オンラインカジノからの出金は銀行口座か電子マネー決済や仮想通貨と決まっています。

これらはいずれもオンライン上でやり取りされ、あなたの口座に入金された金額というのは記録に必ず残ります。

そのため、調べようと思えば調べられるため、必ずバレます。

つまり、オンラインカジノで儲けたお金はしっかりと税金の申告を行う必要があります。

しかし、控除により年間で70万円勝たなければそもそも確定申告しなくてもいいというルールがあるので、この場合は税金が支払いが不要となります。

100万円を稼いだら税金はどうなるの?

100万円稼いだら税金はどうなるのかというと、まず税法上ギャンブルで稼いだお金というのは一時所得という扱いになります。

一時所得は課税対象となりますので、稼いできた金額に対して税金を取られることになります。

儲けた金額-賭けた金額-特別控除(最高50万円)

※会社員の場合、特別控除20万円があるので合計70万円

ここで注意しなくてはいけないことがあります。

それは掛けた金額というのは、負けた時に掛けた金額は含めてはいけないということです。

例えば100万円勝つまでに、500万円負けていたとします。

しかしその500万円は掛けた金額としてはみなしてくれないというわけです。

あくまで掛けた金額としてみなしてくれるのは、100万円勝った時にベッドした金額。

例えば50万円ベットして100万円になった場合は、50万円分しか賭けた金額としてカウントしてくれません。

そして儲けた金額というのは、オンラインカジノ上にある数字から銀行への出金など、自分が使うことができるようになった段階で課税されます。

そのため、ガツンと大きく引き出すとそれだけ大きな税金をかけられてしまう可能性があります。

カジノ案内人
カジノ案内人
うまく控除の範囲内で、税金がかからないようにコントロールしながらお金を引き出すといいですよ。

★★目的別リンク集★★

★★ハイローラー向け★★